フィルタークロス

フィルタープレス
フィルタークロス・フィルタープレート

フィルタープレス用濾布

1890年代イギリスの炭鉱で洗炭汚泥の脱水装置として開発された固液分離機

フィルタープレスは加圧ろ過の代表的な装置で、鉱山の洗鉱工程、化学工場、比較的処理量の少ない水処理工程などで幅広く使用されています。構造は単純ですが、濾板サイズが470mm×470mm程度から2,000mm×2,000mmまでと処理量により豊富なサイズがあり、また、濾板に凹みを持たせて濾過室を形成している単式濾板を使用したタイプと濾板と枠を組み合わせた複式濾板を使用したタイプがあります。更に、手動で開枠してスクレーパーで掻き落とす単純な完全手動タイプのものから、様々なケーキ剥離装置を備えて半自動、全自動で運転するものまで様々な機種があります。

スラリー性状、処理工程に最適なろ布の選択

様々な装置に相応しい濾布を選択することがまず第一に必要ですが、更に、個液を分離して、液体を利用するのか個体を利用するのか、それとも両方を利用するのかによっても濾布の選択の仕方は異なります。
自動運転のプレスの場合には、ケーキ剥離が悪くケーキが濾布に居着くと自動運転ができなくなったり、次回の濾過サイクルに支障を生じたり、更にはケーキ洗浄に問題を生じたり、或いは空打ちの原因になったりします。従って、ケーキ剥離の良さは欠かせません。

また、通液性を重視するあまりに濾布の捕集効率が悪いと製品歩留まりが悪くなったりろ過液の濁りが生じたりといった問題を生じますし、逆に捕集性にこだわって通液性が悪いとケーキ形成に時間がかかると共に、一次側の圧が高くなって押し込みポンプの電力原単位が上がってしまうことにもなります。

濾布に求められる通液性と捕集効率は常に相反する性能ですので、使用条件に適したものを選ぶのが脱水機を運転する現場の技術者に常に求められることになります。私共が目指しているのは、その濾過の悩みに最適なソリューションを提供することです。

主にヨーロッパのマーケットで開発されたろ布

弊社の取り扱う濾布は主にヨーロッパの市場で開発されたものです。日本では「ケーキ剥離はプレス機メーカーの仕事」という考えがあり、スプリング式や自動スクレーパー、濾布の上下走行など様々なケーキ剥離装置が考案されてきました。しかしヨーロッパでは「ケーキ剥離は濾布の役目」という考え方があり、ケーキ剥離性に優れ、洗浄効果も高い縦糸にモノフィラメントを使用した濾布が沢山使用されています。こうしたモノフィラメント濾布も御利用頂きたいと思っております。

ケーキ剥離