CET-Trifil(トリフィル)

PUREMAX

BiFil(バイフィル)に強酸化作用を持つ触媒を担持したエレメントで、除塵と腐食性ガスの中和に加え、VOC(揮発性有機物)やダイオキシン類の分解、更には上流側でアンモニアや尿素を吹き込むことでNOxの分解も可能にした高機能フィルターエレメント。除塵、腐食性ガス中和に加え、有害ガスの分解機能が加わった3つ(Tri-トリ)の機能を併せ持つ。

PUREMAXを使用した中国天津の集塵設備
PUREMAXを使用した中国天津の集塵設備
PUREMAX

5つの特徴

BiFil(バイフィル)の9つの特徴に加え、

  • ナノサイズの触媒が繊維径5~20ミクロンのセラミック繊維に均等に付着し、比表面積を大きく取れることで高効率に反応を促すことが出来る。
  • エレメント表面でダストを捕捉し内部への侵入を許さないため、エレメント内部に担持された触媒の被毒を防ぎ、触媒の寿命を飛躍的に伸ばすことを可能に
  • 壁の厚みが20mmあるためガスの滞留時間=反応時間を十分にとることが出来分解効率が高い
  • 同じく壁の厚みが20mmあることで、濾過面積1㎡当たり850gの触媒担持を可能に(耐熱フェルト沪布に担持した場合350gが限度)
  • 840%以上の空間率があるため、850gの触媒を担持しても圧損の上昇は10%程度に

使用によるメリット

  • 従来の集塵機-昇温塔-脱硝塔という3段階の排ガス除去設備を1段階のシンプルな設備に出来ることで、
    1. 省スペース
    2. イニシアルコストの低減、を実現
  • 昇温塔を必要としないことで、燃費を必要とせず、また、理想的な乾式脱硫、乾式脱円が出来るので中和剤の使用量も削減でき、ランニングコストをも大幅に削減。
PUREMAXの取り付け
PUREMAXの取り付け
PUREMAX

注意事項

  • 標準触媒は耐熱450℃のため使用温度域はBiFilより狭い
  • 適当な滞留時間を保障するため、濾過風速の設定には注意が必要

設計上の要件

使用温度 上限450℃
濾過風速 0.5~1.2m/min
圧力損失 初期圧損=0.5kPa@濾過風速1.68m/min (φ60mmエレメント)
    =0.9kPa@濾過風速1.68m/min (φ150mmエレメント)
運転圧損 50~250mmAq(実績値)
ダスト払落し 2~6気圧のパルスエアー

使用分野

  • ガラス溶融炉(NOx除去)
  • 産業廃棄物焼却炉(ダイオキシン除去)
  • 船舶用ディーゼルエンジン排ガス‐港湾設備(NOx除去)
  • 既存のSCR(脱硝塔)を使用する排ガス設備のリプレース

製品一覧

名称 全長
(mm)
エレメント本体
外径(mm)
エレメント
内径(mm)
フランジ
外径(mm)
濾過面積
(㎡)
図面
cet-Trifil 1000 C 1000 φ60-φ55 φ40.5-φ34 φ90 0.19 cet-CF1000-C
cet-Trifil 1000 G 1000 φ60-φ55 φ40.5-φ34 φ80 0.19 cet-CF1000-G
cet-Trifil 1500 C 1500 φ60-φ53 φ40.5-φ32 φ90 0.28 cet-CF1500-C
cet-Trifil 1500 G 1500 φ60-φ53 φ40.5-φ32 φ80 0.28 cet-CF1500-G
cet-Trifil 3000 C 3000 φ150 φ110 φ195 1.34 cet-CF3000-C
cet-Trifil 3000 U 3000 φ150-φ135 φ110-φ95 φ195 1.35 cet-CF3000-U