CET-Bifil(バイフィル)

PURETEK

アルミナシリケート繊維をVacuum Forming(真空成型)方式で押し固めたキャンドル形状のセラミックフィルターエレメントで、250℃以上の高温ガスフィルターとしては1990年代初頭に市場に登場して以来最も実績のあるタイプ。高温排ガスの除塵と腐食性ガスの中和とをワンステップで行う、2つ(Bi-バイ)の機能を併せ持つ。

PURETEK

9つの特徴

  • 捕集効率が高い(PM2.5を高効率で捕捉)
  • 高温で使用可能(耐熱900℃)
  • 腐食性ガスに強い
  • 目詰まりが少なく寿命が長い
  • 空間率が84%以上あり圧力損失が少ない
  • 熱衝撃に強く、急激な温度変化にも対応できる
  • バグフィルターと同じように高圧エアーでダストの払い落としが出来る
  • 既設のフィルターバグとの交換が可能
  • エレメント表面が中和薬剤(消石灰、炭カルなど)の保持性に優れ、反応時間を確保できるため乾式脱硫、乾式脱塩の効率が非常に高く、薬剤の消費量も少ない

使用によるメリット

  • ガス冷却設備を簡略化でき、設備費、ランニングコストを低減できる
  • 排出側含塵濃度を著しく低減できる(<1mg/m3以下が可能)
  • ボイラーの前に集塵機を置くことでボイラーの熱効率を高められる
  • クリーンな排熱エネルギーを有効に利用できる
  • サブミクロンサイズの微粉の捕捉性に優れているため、廃ガス中の有害な重金属を効果的に捕捉出来る
  • 突出温度に余裕を持って対応でき、火災の心配が無い
  • 従来のバグフィルターと同じような設計で使用可能

設計上の要件

使用温度 上限900℃
濾過風速 0.5~2.0m/min
圧力損失 初期圧損=0.4kPa@濾過風速1.68m/min (φ60mmエレメント)
    =0.8kPa@濾過風速1.68m/min (φ150mmエレメント)
運転圧損 50~350mmAq(実績値)
ダスト払落し 2~6気圧のパルスエアー

使用分野

  • 各種産業廃棄物焼却炉(特に医療廃棄物)
  • 廃棄物ガス化炉
  • 熱分解炉
  • RDF発電プラント
  • 非鉄金属溶融炉
  • 鋳物炉
  • 流動床炉
  • セメント製造工程中のクリンカー・クーラー
  • ガラス溶融炉
  • 金属選鉱工程
  • シリカヒュームの回収
  • 塩素法による酸化チタン製造

製品一覧

名称 全長
(mm)
エレメント本体
外径(mm)
エレメント
内径(mm)
フランジ
外径(mm)
濾過面積
(㎡)
図面
cet-Bifil 1000 C 1000 φ60-φ55 φ40.5-φ34 φ90 0.19 cet-CF1000-C
cet-Bifil 1000 G 1000 φ60-φ55 φ40.5-φ34 φ80 0.19 cet-CF1000-G
cet-Bifil 1500 C 1500 φ60-φ53 φ40.5-φ32 φ90 0.28 cet-CF1500-C
cet-Bifil 1500 G 1500 φ60-φ53 φ40.5-φ32 φ80 0.28 cet-CF1500-G
cet-Bifil 3000 C 3000 φ150 φ110 φ195 1.34 cet-CF3000-C
cet-Bifil 3000 U 3000 φ150-φ135 φ110-φ95 φ195 1.35 cet-CF3000-U